本文へ移動

フェイズドアレイ超音波探傷法(Ultrasonic Phased Array)

フェーズドアレイ超音波探傷法(Ultrasonic Phased Array)

 超音波探傷を応用した検査技術システムのひとつ、フェーズドアレイ超音波探傷法は、振動子と呼ばれる素子が、一般的な超音波探傷で使用される探触子(センサー)には、単一で入っているのに対し、フェーズドアレイ探触子には、複数の振動子を組み合わせて構成されており、個々の振動子を電子的に制御し、超音波ビームを発生させます。
 単一振動子の探触子では異なる角度ごとに何度も試験体を検査しなければなりませんが、フェーズドアレイでは、一度に様々な角度、焦点距離、焦点サイズにビームで操作することが可能で装置には高度なソウトウェアが内蔵されており、超音波ビームの反射を2次元断面画像で表示する為、きずの検出力、サイジング精度など従来の超音波探傷方法に比べて優れています。
TOPへ戻る